取り立て行為で悩む前に・・・相談できる場所を知っておこう

取り立て行為で悩む前に・・・相談できる場所を知っておこう

深夜にしつこい取り立てをおこなう、「ここの住人は借金をしている」と張り紙をする、脅迫電話をかける…。フィクションでよく見る取り立ての場面ですが、このような取り立ては実際におこなわれているのでしょうか。また、もし仮にそのような取り立ての対象になってしまったら、どこに相談すればよいのでしょうか。今回は、取り立て行為に悩んだときに相談できる場所について見ておきましょう。

貸金業法で規制されている取り立て行為

最初に、貸金業法で規制されている取り立て行為について引用して見てみましょう。

第二十一条…貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

  • 一…正当な理由がないのに、社会通念に照らし不適当と認められる時間帯として内閣府令で定める時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。
  • 二…債務者等が弁済し、又は連絡し、若しくは連絡を受ける時期を申し出た場合において、その申出が社会通念に照らし相当であると認められないことその他の正当な理由がないのに、前号に規定する内閣府令で定める時間帯以外の時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。
  • 三…正当な理由がないのに、債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所に電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所を訪問すること。
  • 四…債務者等の居宅又は勤務先その他の債務者等を訪問した場所において、債務者等から当該場所から退去すべき旨の意思を示されたにもかかわらず、当該場所から退去しないこと。
  • 五…はり紙、立看板その他何らの方法をもつてするを問わず、債務者の借入れに関する事実その他債務者等の私生活に関する事実を債務者等以外の者に明らかにすること。
  • 六…債務者等に対し、債務者等以外の者からの金銭の借入れその他これに類する方法により貸付けの契約に基づく債務の弁済資金を調達することを要求すること。
  • 七…債務者等以外の者に対し、債務者等に代わつて債務を弁済することを要求すること。
  • 八…債務者等以外の者が債務者等の居所又は連絡先を知らせることその他の債権の取立てに協力することを拒否している場合において、更に債権の取立てに協力することを要求すること。
  • 九…債務者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法…人(以下この号において「弁護士等」という。)に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があつた場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること。
  • 十…債務者等に対し、前各号(第六号を除く。)のいずれかに掲げる言動をすることを告げること。

引用:貸金業法

長々と引用してきましたが、まとめると「常識に外れる時間帯や手法での取り立てはまず間違いなく違法になる」と要約できそうです。

違法な取り立てに遭遇したらどこに相談するべき?

さて、このような違法な取り立てに巻きこまれてしまったら、どこに相談すればよいのでしょうか。相談先とその効力を見てみましょう。

  • 警察…もっとも基本となるのが110番(警察)への連絡です。上記のような取り立てがおこなわれていれば何らかの罪に該当する可能性は極めて高く、警官がいれば現行犯逮捕も期待できます。
  • 弁護士などの法律の専門家…ヤミ金から借りたのでなければ、弁護士や司法書士などに債務整理を申し立ているのも有効な対策です。債務整理を申し立てると法的な拘束力のある通知が出されるため、取り立てが止むことが期待できます。
  • 公的機関の相談窓口…いきなり警察や弁護士などに相談するのは気後れするという人は、公的機関が定期的に開催している相談窓口を検討しましょう。直接何かをしてくれることはありませんが、次にどうすればいいのかを教えてくれます。

おわりに

このように、違法な取り立て行為に巻きこまれたときには、借りているお金を返せていないということに気後れせず、断固とした対応を取ることが必要です。ただし、強引な取り立てが終わったからと言って返済をしなくてよいわけではなく、返済は返済としてキチンとおこなう必要があることは言うまでもありません。


The following two tabs change content below.
ローン研究会

ローン研究会

お金を借りる前に知っておきたいこと、知らなきゃいけないことをお勉強しましょう。大変なことになる前に!