ローン審査のスコアリングって何?

ローン審査のスコアリングって何?

カードローンは消費者金融・銀行を問わず即日審査・即日融資が当り前のようになっています。即日融資が可能になったのは、「審査時間最短30分」のように、審査に要する時間が劇的に短くなったことが背景にあります。
審査時間の短縮に貢献した仕組みはいくつかありますが、中でも重要なのが「スコアリング審査」です。今回は審査時間の短縮に大きく貢献したスコアリング審査と、審査の概要について見てみましょう。

機械的におこなわれる「仮審査」と入念におこなわれる「本審査」

カードローンでは通常、自社のシステムに基づく仮審査と、信用情報機関に照会した信用情報に基づく本審査の2段階審査がおこなわれ、仮審査と本審査の間に在籍確認などがおこなわれます。仮審査は申込者が提出した申込書類に記載された氏名・住所・生年月日などの個人情報と、勤務先・雇用形態・年収などの属性情報の2つの情報に基づいて大筋での貸出の可否を判断します。仮審査の段階では基本的にプログラム通りにおこなわれています。このプログラムのことを、一般に「スコアリングシステム」と呼ぶのです。

申込者のスコアを判定する「スコアリングシステム」

仮審査で利用されるスコアリングシステムでは、これまでのカードローンの膨大な借り入れ・返済情報を集約、個人情報と属性情報で申込者ごとにクラス分けをおこないます。次いで、そのクラスに属する人の借入実績を調査し、クラスごとの評価数値を算出、入力することで同じ属性と照合されて、申込者の評価が出力されます。
属性内部で延滞や債務整理の履歴を持つ人が多ければそのクラスの評価は低く、限られた限度額での融資やそもそも貸付を拒否される可能性もあります。
反対に属性内で確実な借り入れ・返済履歴を持つ人が多ければスコアは高くなり、申込者の属性が高ランクに入っていれば、初回申し込みでも高い限度額が設定される可能性は高くなるように設定されています。
そして、カードローンの申し込みを受けた際にその申込者の属性をコンピュータに入力すると自動的に同じ属性のクラスと照合されて申込者の評価が出力されてきます。

このスコアリングシステムは、従来の担当者による感と経験を頼りにした予備的な審査よりも、迅速で精度の高い仮審査の実現を可能としました。
そのため、一部のカードローンでは仮審査と本審査の在籍確認や、仮審査と本審査を一本化した審査にすることで、貸付までの時間を大幅に短縮しているケースもあります。

個人信用情報が重要な材料となる「本審査」

このようにスコアリングシステムの導入により仮審査の迅速化・精確化がはかられました。それでもやはりダブルチェックは必須であり、現在でもほとんどのカードローンでは在籍確認や本審査がおこなわれています。
本審査とは、仮審査の結果に基づいて指定信用情報機関に申込者の信用情報を照会、過去の借り入れ・返済状況や付帯状況をチェックして、貸付の最終判断をおこなう審査です。
信用情報は特定個人の過去の一定期間のカードローンの借り入れ・返済状況が記録されています。
仮審査が優良であり、信用情報に問題が無ければ、この時点で貸出・可となり、申し込み額を下回る金額での借り入れに対応しています。

おわりに

スコアリングシステムの導入により、仮審査の迅速化・精確化が進み、カードローンの貸付までの時間は劇的に短くなりました。
しかし、適切な審査のためには正確な申込情報を入力する必要があるなど、申込者の負担も大きくなっています。


The following two tabs change content below.
ローン研究会

ローン研究会

お金を借りる前に知っておきたいこと、知らなきゃいけないことをお勉強しましょう。大変なことになる前に!