あなたが審査に落ちた考えられる理由とこれからの対処法

あなたが審査に落ちた考えられる理由とこれからの対処法

即日審査・即日融資に対応していることから審査がゆるいイメージのあるカードローンですが、審査がある以上一定の条件を満たしていないと審査に落ちることがあります。また、特定の条件に引っかかるとその後の借り入れができないいわゆる「ブラックリスト」に登録されるなど、そのイメージとは裏腹に意外とシビアな個人向け融資でもあります。カードローン審査に落ちる主な理由と、その対処法について見てみましょう。

他社での借入があると、審査に通りにくくなる

カードローン会社は審査のときに、申込者の年収やそれまでの借り入れ・返済などのお金の取引に関する履歴(信用情報)も参照します。信用情報には他のカードローン会社の借り入れ状況も記録されているため、申し込み時点で複数借り入れがあると、審査に落ちる可能性は高くなります。また、クレジットカードのキャッシングも利用の有無が審査のときに影響すると言われています。
複数借り入れがあったり、クレジットカードのキャッシングの利用がある状態で新たに申し込みが必要になったときには、借り入れているカードローンの中で利率の低いカードローンに借り換えて一本化を進めたり、キャッシングの返済を進めるなどの対策が必要です。

総量規制の対象になっている

カードローン審査に落ちる可能性がもっとも高いのが、総量規制の対象である場合です。総量規制とは、貸金業法の監督下にある貸金業者からの貸し付けを年収の3分の1までに限る規制です。一見すると利用者に不利な仕組みにも思えますが、返しきれない借り入れを未然に防ぎ、利用者の保護のために設けられている仕組みです。総量規制の対象になるようであれば、借り入れがあればその返済を進めたり、総量規制の対象ではない銀行カードローンの利用などが考えられます。

ケータイ料金の未払いが、カードローン審査に落ちる要因に?

カードローン審査に影響する意外な要素として、ケータイ料金の滞納・不払いがあげられます。その仕組みは複雑になるため割愛しますが、ケータイ料金の滞納・不払いも信用情報の事故情報として記録されるため、審査に通らないこともあるのです。これについてはケータイ料金をキチンと支払うことが欠かせません。

虚偽の申し込みをすると通らない

どうしても審査に通りたいときには、ついつい年収や勤続年数、借入金額などの個人情報で、実際よりも良い内容を記入したくなります。しかし、カードローン審査のときに虚偽の情報を記入すると、まず確実に審査の段階で落とされることとなります。仮に虚偽の情報を記載して提出すると、信用情報との食い違いから虚偽の情報であることが明らかになり、審査の段階で落とされてしまいます。
申し込みのときには、正確な情報で提出することが欠かせません。

債務整理、勤続年数など落ちる要因はまだある

総量規制やケータイ料金の未払い、虚偽の情報での申し込みなど、カードローンの審査が通らない代表的な事例をいくつか見てきました。しかしもっとも多いのが、過去に債務整理の経験があったり、勤続年数が短かったりすることで信用情報に何らかの問題がある場合です。このようなときには、信用情報の記録が更新される一定期間が経過するまで申し込みを自粛したり、勤続年数を伸ばすことで借り入れできるようになります。
また、適当な間隔を空けた上で複数のカードローンに申し込むことも有効な手段の1つと言われています。

おわりに

ここまでカードローン審査で落ちるいくつかの例とその対応について見てきました。その全てに共通する点として、信用情報が関わっていることも見えてきました。必要なときにカードローンの借り入れができるように、信用情報を積み上げることは欠かせないと言えそうです。


The following two tabs change content below.
ローン研究会

ローン研究会

お金を借りる前に知っておきたいこと、知らなきゃいけないことをお勉強しましょう。大変なことになる前に!