カードローンで借りたお金は自由に使えるの?

カードローンで借りたお金は自由に使えるの?

銀行から融資を受ける自動車ローンや住宅ローンなどの目的別ローンと違い、カードローンで借りたお金は基本的には資金用途は決められておらず、自由に使えます。しかし本当にどのような目的にも使えるのでしょうか。カードローンで借りたお金がどこまで自由に使えるのかを見てみましょう。

必ず問われる資金用途

カードローンに申し込むときには、必要書類に必ず資金使途について記入する欄があります。基本的にここには何を書いても自由ですが、ギャンブルやレジャーにかかる費用(遊興費)と記入すると、審査に通ることは期待できません。
いくら借り入れたお金の使いみちが自由といっても、使い方の印象が悪いとそれが理由で落とされる可能性は大きくなります。
カードローン会社も営利事業であり、きちんと返済できる人間にお金を貸したいと考えています。そのため、このような不安定な目的にお金を使うために借り入れするのはほぼ不可能です。

資金用途は「生活費」が無難

では、カードローンに申し込むときの資金用途として、どのような用途が適切なのでしょうか。
もっともトラブルになる可能性の小さい「生活費」と答えておくのが無難でしょう。

実際にカードローンの公式ホームページでモデルケースとしては、借りた資金の使いみちとして生活費をあげていることがほとんどです。一口に生活費と言ってもその内容は実に幅広く、資金用途としては事実上「自由」であると言えます。日々の生活費がちょっと足りないときの補てんはもちろん、リフレッシュのための旅行やレジャー、その他の様々な費用を生活費として考えることができます。

生活費以外の資金使途としては、冠婚葬祭や入院・治療などの特別な理由があるときも資金用途としては比較的印象が良いとも言われています。
生活費のような曖昧な目的ではなく明確な理由のほうが高い評価を受けるため、事業性資金などの禁止事項以外で利用目的がハッキリしていれば、そちらを記入するほうが審査では有利になると言われています。

事業性資金の為にカードローンを利用するのはNG

基本的に使いみちが自由であるカードローンですが、唯一「事業性資金」としての利用は禁じられています。
事業性資金とは、店舗や会社などを経営する際に必要な資金であり、主に運転資金や設備投資資金などがあげられます。ほぼ全てのカードローンは資金使途として事業性資金としての利用を禁じています。
カードローンで借り入れた資金を事業性資金として利用できない理由として、カードローンは審査時に申込者の信用だけを担保に貸し付けをおこなうことがあげられます。
事業性資金としての申し込みでは、申込者の信用性だけではなく経営する店舗や会社も審査する必要があり、コスト面でカードローン会社がまかなえる負担を大きく越えるため、事業性資金としての申し込みは禁じられているのです。

事業性資金の為にカードローンを利用したらどうなる?

ここで気になるのは、生活費として申し込んで借り入れたお金を事業性資金に流用したときにはどのようなペナルティがあるのかということです。
仮に借り入れた資金を事業性資金に利用していることが明らかになれば、融資の停止や一括返済を求められる可能性があります。
また、手早く資金を用意できるというメリットはあるものの、限度額が低いことや実質年率が担保のある融資に比べると遥かに大きいことなど、カードローンはそもそも事業性資金として使い勝手が悪いという側面もあります。
急ぎで事業性資金が必要なときには、専門のローンである「ビジネスローン」が有力な選択肢と言えるでしょう。

おわりに

カードローンは即日審査・即日融資に対応している利便性や資金使途が基本的に自由である点が魅力ですが、事業性資金として利用することは禁じられています。
ルールを守った利用を心がけて、トラブルのない利用に務めることが欠かせません。


The following two tabs change content below.
ローン研究会

ローン研究会

お金を借りる前に知っておきたいこと、知らなきゃいけないことをお勉強しましょう。大変なことになる前に!