勘違いしてたかも・・・消費者金融とヤミ金の違い

勘違いしてたかも・・・消費者金融とヤミ金の違い

カードローンの普及によって消費者金融=ヤミ金融(ヤミ金)のような短絡的なイメージを持たれることは少なくなりました。しかし、フィクションの中ではどちらも恐ろしいものとして扱われるなど、その違いはあまり明確にはされていません。今回は、消費者金融とヤミ金の違いについて見てみましょう。

合法な運営をする消費者金融と違法な運営をするヤミ金融

極端に簡単に言ってしまえば、消費者金融とヤミ金の違いとは、法律を守ってお金の貸借契約を結ぶかどうかという点にまとめられます。消費者金融であれば利息制限法や貸金業法などの法律に従って総量規制や利率の制限などに基づいて融資をおこないます。これに対してヤミ金ではそのような制限は一切無視して、トイチ(10日で1割)やトゴ(10日で5割)と言った暴利での貸付や強引な取り立てをおこなうなど、まるでフィクションのような情景が繰りひろげられる世界です。
この他にも「街金」と呼ばれる貸金業者も存在しますが、零細であることがほとんどの街金は経営者の胸先三寸であることが多く、法律を遵守する良心的なところから、バリバリにブラックなところまで千差万別であり、避けるほうが無難でしょう。

法律に基づいて融資をおこなう「消費者金融」

消費者金融とは、貸金業者が一般消費者に対しておこなう小口融資であり、カードローンなどの融資方法が一般的です。同じ小口融資をおこなう金融機関として銀行がありますが、業務内容は同じでも銀行は「銀行法」の監督下にあり、消費者金融は「貸金業法」の監督下にあるという違いがあります。消費者金融は銀行などの金融機関に比べて、限度額が低く実質年率が高いというデメリットこそあるものの、即日審査・即日融資に対応しているところがほとんどであり、銀行の小口融資と比べると借りやすくなっているのが特徴です。
消費者金融の主な融資対象は一般消費者であり、利用目的にも「事業性資金は除く」と但し書きがあるように事業資金として借りることは原則として禁じられていますが、カードローンなどとは別に事業性資金としてビジネスローンを設定する消費者金融も増えています。

非合法の融資や取り立てをおこなう「ヤミ金」

ヤミ金融(ヤミ金)と聞くと、恐ろしいイメージが先行しますが、その内容を見てみると実は消費者金融と同様に一般消費者への小口融資を主な業務としています。しかしヤミ金は消費者金融とは異なり、貸金業として正式登録をしていなかったり違法な高金利で貸し付けをする貸金業者であることがほとんどです。ヤミ金の多くは暴力団などの非合法組織の資金源になっているとも言われ、トイチ(10日で1割)やトゴ(10日で5割)といった払えない利率を設定してその取り立ては苛烈を極めると言われるなど、ヤミ金はフィクションでイメージされるそのままの運営をしていると言われています。

消費者金融とヤミ金の違いをまとめると?

それではここで、消費者金融とヤミ金を登録・法令遵守・運営形態の3つの視点から比較してみましょう。
【消費者金融】

  • 登録…内閣総理大臣または各都道府県知事の許可を得た登録貸金業者である
  • 法令遵守…法律(貸金業法、出資法、利息制限法など)に則った融資をしている
  • 運営形態…金利や融資額、督促方法など法律に従った運営をしている

【ヤミ金(闇金融)】

  • 登録…内閣総理大臣または各都道府県知事の許可を得ていない違法業者である
  • 法令遵守…法律(貸金業法、出資法、利息制限法)に則った融資をしていない
  • 運営形態…金利や融資額、督促方法など法律に従った運営をしていない

おわりに

かつてのイメージを引きずる消費者金融は、どうしてもヤミ金と同じものとして扱われがちですが、コンプライアンスが厳しくなった昨今では法令遵守の方針が徹底し、違法な運営は根絶されています。対してヤミ金は法令を守らず違法な運営に終止するなど、利用するだけでトラブルの元となる可能性は極めて大きく、利用しないのが基本です。


The following two tabs change content below.
ローン研究会

ローン研究会

お金を借りる前に知っておきたいこと、知らなきゃいけないことをお勉強しましょう。大変なことになる前に!